医薬品・医薬部外品・薬用化粧品…どこが違う?

医薬品・医薬部外品・薬用化粧品…どこが違う?

女性向け育毛剤やヘアケア用品のラベルをチェックすると、「医薬品」「医薬部外品」「薬用化粧品」「化粧品」などの表示が目につきます。
これらは、使用して得られる効果の大小で区別されています。医薬品は、最も強い効果が期待できるものです。その分、強い成分が配合されていて副作用の可能性もあるため、医師の処方が必要です。一般に売られている育毛剤よりも入手は面倒ですが、それだけ大きな効果が見込めます。
医薬部外品は、医薬品よりも効果が小さいものを指します。薄毛の治療や目覚ましい改善というよりも、予防効果といった方が適切でしょう。医師の処方が無くても購入できます。化粧品は、効果の有無にかかわらずメーカーが独自に開発したものも含まれます。シャンプーや石鹸も化粧品です。

 

最近よく目にするのが、薬用化粧品です。これは「有効成分を含む化粧品」を指します。医薬品や医薬部外品ほど強い効果はありませんが、ある程度の効果が期待できるといえます。
薄毛の症状や年齢によって、これらの育毛剤を使い分けるのがお勧めです。予防の段階なら医薬部外品で十分ですし、かなり薄毛が進行しているようなら医師から医薬品に分類される育毛剤を処方してもらいましょう。いずれの場合も、表示成分の確認を怠らないでください。